スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    自己破産申立てをおこなったとしても司法機関から家庭にダイレクトに電話がかかること
    0
      自己破産申立てをおこなったとしても司法機関から家庭にダイレクトに電話がかかることはありません。

      したがって、家族や親族に事実が知れ渡らないように破産の申立てが不可能とは申しません。

      しかし、実際問題として自己破産手続きを希望する際に裁判所などから同居中の親類の給料を記した紙面や銀行の通帳の写しなどの資料の届出を余儀なくされるというということがありますし貸し主から近親者へ電話がかかることがないとは言えませんので親族に明らかにならないように破産の手続きがすることができるという100%の確証は得られるものではないと考えられます。

      家族や親類に隠匿してそれ以後に秘密が明らかになってしまうよりかは、本当のことを偽らずに話して全員で破産の申告を試みる方が望ましいといえるでしょう。

      なお同居していない家族に関しては自己破産申立てをしたのが気付かれてしまうといったことはまず心配する必要はないと納得してください。

      夫/妻の債務を失くすために離縁することを図る早まった夫婦もいらっしゃるとのことですが実はたとえ夫婦同士だと書類で認められていも本人が書類上の連帯保証の名義人を請け負っていない限り法律上の拘束はありません。

      ただ、(連帯)保証の名義人身を置いているケースは仮に別れることを実行しても法的な責務は残ってしまいますから支払義務があると言われます。

      つまり、離縁することを行うことさえすれば貸与されたお金の法的な支払義務が斟酌されるといったことは考えられません。

      あるいは、現実として債権をもつ取引先が破産者の家族や親類に請求をするようなケースもありますが保証人または連帯保証人という立場になっていない場合であれば親と子の間あるいは兄弟姉妹などという類いの親族間の債務に関して当人以外の家庭の人に民法の上では支払に対する強制力は認められないのです。

      実は、借りたところが法的な支払い義務と関係のない親族の方などへ支払いの督促をすることは貸金業を規制する法律についての行政の営業基準で規制されているため、催促の方法にもよりますが貸金業関係の法律の支払督促のガイドラインに反することにもなり得ます。

      という訳ですから、法的な支払い義務を持っていないにも関わらず借りた人の近親者が支払の請求不当に受けたという事実が存在するとすれば、貸し主に向けて請求を停止するよう注意する内容証明の書類を出すのがいいでしょう。

      しばしば借りた人本人が可哀想だからと考えて借りた張本人以外の家族や親類が代理となって返済するような話も聞きますが、借入者本人が安心して持続的に借金のトラブルを引き起こしてしまうことが少なくありません。

      したがって債務をもつ本人心情を斟酌したら冷たいかもしれませんが借り手本人の手で借金を返済させていくかそれが見込めないのであれば自己破産の申請をさせた方が債務者本人の健全な社会生活をまっとうするためには良いと思われるのです。


      「闇金について。 閲覧ありがとうございます。 まず私の現状ですが、精神科に通い出...」 より引用

      闇金について。 閲覧ありがとうございます。 まず私の現状ですが、精神科に通い出して2ヵ月程 現在無職 ギャンブル依存症 3月初めあたりに自殺を試みましたが未遂に終わり、そこからギャンブルの毎日でした。どうせ死ぬ気だしと思って借りれるところからはすべてお金を借り尽くしてしまい延滞からのブラック入りしております。お恥ずかしい話ですが、先日闇金に融資をお願いするために電話をしました。 どうしてもお金に目…(続きを読む)

      引用元:Yahoo知恵袋 https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTEwMTc0NTEzNDI1


      | yacgztais1hr | 弁護士 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments: